高知県産学官民連携センター[ココプラ]

Language

平成29年度 第8回経営者トーク「〜99回の失敗と1回の成功〜老朽化が進む世界のRC構造物。キーワードは“差別化”」

HOME > 平成29年度 第8回経営者トーク「〜99回の失敗と1回の成功〜老朽化が進む世界のRC構造物。キーワードは“差別化”」

更新日 : 2017/11/20
開催日 : 2017/12/15
時間 : 18:30-20:00
講師 : 株式会社西宮産業 代表取締役 宮田 稔久 氏
開催場所 : ココプラ


 高知県内の経営者を講師に招き、創業のエピソードや企業の強み、今後の事業展開等を紹介していただきます。講師と参加者との意見交換やアイデア出しを通じて、参加者の皆さんに気づきやきっかけを提供するものとして開催しています。
 原則、毎月第3金曜日18:30−20:00開催です。どうぞお気軽にご参加ください。


日時


平成29年12月15日(金)18:30-20:00


講師


株式会社西宮産業 代表取締役 宮田 稔久 氏


タイトル


〜99回の失敗と1回の成功〜
老朽化が進む世界のRC構造物。キーワードは“差別化”


概要


◆概要(講師より)
RC構造物の剥落対策製品を中心に、津波避難路階段、炭素繊維グリッドなど、防災製品開発に力を注いできた。企業ミッションとして、日本が抱える今後のコンクリート老朽化対策に、また、来るべき大地震に対して人命救助に寄与するために、高知の一企業として、どう向き合っていくのか。単に企業視点での展望だけでなく、従業員一人一人がものづくりのプロとなり、一流の人間力を備えることで、全国に自信をもって紹介できる製品を生み出していきたい。

◆企業紹介(講師より)
(株)西宮産業は高知市北川添にて1996年創業、RC構造物の耐震補強・補修製品の加工メーカー。NEXCO西日本での橋梁コンクリート剥落ネット製品採用を始め、高知県沿岸部、関東、東北地方沿岸部への津波避難用階段の設置などを経て、2016年度からはJR東日本での製品採用など、全国へ向けて販路拡大を進めている。今後は複合繊維の成形技術を生かした、他カテゴリーへの展開も目指す。


講師プロフィール


1955年生まれ。
1978年、AGCマテックス(株)に入社。
開発部門・製造部門にて複合材料製作に携わる。
1996年、退社。
その後、(株)西宮産業を立ち上げる。


定員


36名


場所


高知県産学官民連携センター ココプラ 交流スペース

780-8515 高知市永国寺町6番28号
(高知県立大学・高知工科大学永国寺キャンパス 地域連携棟1階)


地図

申し込み締め切り


平成29年12月13日(水)

※席に空きがある場合は当日でもご参加いただけますが、申し込みをされた方を優先させていただきます。可能な限り事前にお申し込みください。


平成29年度 第8回経営者トークチラシ(PDF:1.45MB)


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。

PAGE TOP